新婦衣装のポイント

男性も結婚式となれば人生における最大のイベントとなりますが、女性にとっては絶対に納得がいく結婚披露宴にしたい!!と、男性よりもずっと思いが深いと思います。
特に、ウエディングドレスなどの新婦の衣装は、自分なりのイメージや憧れがあると思いますので、どんな衣装にしようかとかなり悩まれると思います。

結婚式の主役は女性、新婦といっていいでしょう。
ドレスの中にはいくつか、これがいい!!という候補が挙げられると思いますが、http://idolheaded.com/wed.htmlにもかいてあるように自分の意見だけで決めないほうがいい、というのが大きなポイントです。

実は私がそうだったのですが、いくつかチョイスしたドレスではなく、スタッフさんがこれも着てみては?と出してくれたドレスが大正解だったんです。
自分がイメージするドレスが自分に合うとは限りません。
何度もドレスを着こなす機会が多いという方は、自分がどんなドレスを着ると美しく見えるか?ということを理解されていると思います。
ですが、一般的に、ドレスをそう何度も着るという機会をお持ちの方は少ないので、イメージと、自分が似合うタイプのドレスというのは違いがあることが多いんです。
そのため、スタッフさんやウエディングプランナーなど、結婚式のプロ、専門家に意見を求めてみることが衣装選びの成功の秘訣となります。

ウエディングドレスは結婚式場やチャペル、またホテルなどの会場によって、見栄えするかしないかが左右されるということもあります。
会場を良く知っているスタッフさんなどに一緒に衣装を洗濯してもらうといいでしょう。
Aライン、プリンセスラインは背が低い人、また体系に自信がない人でもかわいく美しく見せるドレスです。

逆にスレンダーラインやマーメイドラインは、体の線がかなり出てしまうので、スタイルに自信がある人、細身の方にオススメのドレスです。
最近はおめでた婚という方も多いと思いますが、この場合、アンビールラインやエンバイアラインなど胸の下で切り替えしがあり、ウエストを意識させないドレスがいいでしょう。
チャペルのヴァージンロードが長いということなら、トレーンを長くすると美しく感動的です。

お姫様スタイルに憧れを持っている人ならティアードなどフリルがふんだんに利用されたボリュームがあるラインを選ぶといいですよ。
http://www.agoo4u.com/Agoo_Leggings_Girl_Power_p/al1050.htmにウェディングドレスの種類や価格相場、レンタルと購入はどちらがお得かなど
いろいろと参考になることがかいてありますので、是非ご覧ください。