新郎衣装のポイント

結婚式、結婚披露宴となると女性にとって憧れ続けてきたウエディングドレスを着るという一大イベントです。
幼い頃から憧れたドレス、白無垢、色内掛け・・・何を着ようと頭を悩ませると思いますが、その横で新郎は大あくび・・・というわけには行きません。
女性が選んだ衣装に合わせて、男性も一世一代の晴れ舞台です!女性の衣装にあう、また自分が着用してしっくり来るものを選びましょう。

新郎の衣装はhttp://mycolor.mods.jp/にも紹介されているようにいくつかの種類があります。
通常、お互いに格をあわせて選びますが、新婦が白無垢、内掛けの場合には、黒の紋付羽織袴が基本です。
新婦がウエディングドレスの場合にはモーニングが基本となります。

新婦が洋装なら新郎も洋装。
新婦の衣装に合わせて男性側外相を合わせていく、というのが一般的です。
昼の結婚式ならモーニング、昼の正装です。

上着の腰から後ろの部分が長くなっている正式な正装です。
よく、天皇陛下のご招待で春の園遊会などに行かれる招待客が着用しているのがモーニングです。
前折れになった硬い立襟で、幅広のアスコットネクタイ、それに白もしくはグレーのベスト、というのが基本スタイルです。

最近はおしゃれな男性が多くなっていて、他の人とは違う格好をしたいという場合もあります。
昼間なら、フロックコートなんておしゃれです。
シャツやパンツはモーニングと同じつくりになりますが、上着が膝上まである長い丈のジャケットになっています。

他の人と違う衣装にしたい!!というのなら、こうした古いクラシックスタイルも素敵です。
結婚式が夕方6時以降ならテイルコートが正装です。
テイルコートは日本で言うと燕尾服とも言われます。

ジャケットのすそがツバメの尻尾を連想させることでこう呼ばれます。
黒、濃紺のジャケットとパンツ、白のベストにウイングカラーのシャツ、蝶ネクタイ、というのが基本です。
テイルコートなんてちょっと硬い・・・と思うのなら、タキシードがいいでしょう。

白いウイングカラーシャツ、黒の蝶ネクタイ、カマーバンドもしくはベスト着用が基本スタイルとなります。
最近は女性が和装の場合でも、男性はモーニングだったりと、男性側は洋装でというスタイルもあります。
日本の結婚披露宴の場合、そこまで格式などにこだわることも少ないので、カップルお二人で考えられています。

二人の格好が不釣合いにならないように決めていくといいでしょう。