引き出物でのマナー

披露宴に来ていただいたゲスト、親族に持って帰ってもらう引き出物。
最近は選べるカタログギフトなどが主流となっていますが、なんとなく味気ない・・と思ってしまうものです。
引き出物は相手のことを考えて選びたいもの。

まずは引き出物についてのタブーを知っておく事が重要です。
地域的なものもありますが、一般的に引き出物のタブーといわれているのが、包丁、ガラス製品などです。
刃物は二人の仲、親族の中を切るものとして嫌われますし、ガラスものは「割れて」しまう、「別れてしまう」ということになるので利用しません。

これはしっかり覚えておきましょう。
また引き出物がとんでもなく重くて家に帰って広げてみたら圧縮なべだった!という事がありました。
また鉄なべ・・・ということも。

自分が利用して便利と思うものでも、「相手は自宅まで持ち帰るのだ」ということをお忘れなく。
また、お鍋などを引き出物に出すと家族もちや女性にはいいと思いますが、必要ない、という方もいます。
以前は引き出物というと祝儀の金額など考えずにすべて同じものを用意するということが一般的でした。

でも今は相手のことを考えて利用してもらえるものを・・・という引き出物に対する考え方もあるようです。
この考え方から便利に利用されているのがカタログギフトですね。
相手にとっては選ぶということができますのでいいかもしれませんが、心に残る・・・という面ではいいとも言い切れないですね。
http://www.komsusiteler.com/に若者に人気があるもの、年配の方に人気の引き出物がいくつか紹介されていますので参考にしてください。

ご夫婦で招待している場合、基本的に言うとご夫婦1品、という考え方でいいとおお見ます。
ただ、地域によっては夫婦それぞれに引き出物を渡すということもあります。
この場合、奥さんとだんなさんの引き出物の内容を変えるということが通例のようです。

また夫婦一組で渡す場合には、他の方よりもある程度質の高い引き出物にするということもあります。
引き出物はあくまでも、相手のことを考慮して、ということと、地域性を考えることも必要です。
昔から地域で必ず入っていた引き出物が入っていないとなると、年配の方々は難しい顔をする時もあります。

ご両親や結婚式場の方々にも相談して決定していくといいですね。