気になる披露宴でのお金

まず!!親御さんがどうしても・・・ということじゃないのなら、やはり結婚というのは大人の男女が行うことです。
できれば、自分たち二人で費用を出して結婚するというのが筋だと思います。
普段の生活が精一杯で結婚資金なんて無理・・・

なんていっているのでは、結婚して子供ができて・・・
と生活の変化が合った時にも対応できないものです。
できる限り、結婚費用は自分たちで負担する!と考えておきましょう。

最近は結納なしでの結婚という事が多くなっています。
婚約記念品や結納品などが必要ないので、こだわりがないのであれば結納なしのほうがずっと費用的にも楽です。
挙式、結婚披露宴についての費用は大体招待客70人程度の一般的なもので、300万円くらいといわれています。

ただこのうちご祝儀http://www.syutou-houbun.jp/がありますので、それを差し引くと実際に新郎新婦の負担額は100万円くらい、ということになりそうです。
ただしこの金額は一般的なものなので、披露宴を盛大に、またウエディングを行う場所が格式高いホテルという場合にはかなりの金額になります。
結婚式場でのウエディングで300万円程度、ホテルで330万円くらい、レストランウエディングだと250万くらいという平均予算です。

これは70名プラス10名ほど、という平均的なウエディングなので、それ以上の場合もそれ以下の場合もあります。
もっと安くならないの?という方は、例えば、日取りにこだわりを持たなければ、ある程度安く済みますよ。
六輝にこだわりを持たないという方も多くなっていますので、仏滅に行うと安くなります。

また日曜祝祭日ではなく平日、また連休中日、夕方の開始などになると安いです。
それにおめでた婚でのスピード挙式などは、今、とても優遇されることが多く、割引などが受けられることも多いのです。
1ヶ月から3ヶ月以内に行いたい!!というものなら割引を狙えるかもしれません。

披露宴ももっとお金をかけずに、ということなら、公共施設で会費制の披露宴というのも一つの方法です。