人と違った演出で皆笑顔に

以前海が大好きな友人の結婚披露宴に出席した時、ああ、こういう披露宴も彼ららしくていいなーと感心したことがあります。
メインテーマがはっきりした演出だったんです。
メインテーマはもちろん「海」。

会場の入口のウエルカムボードは、貝や星の砂などがデコレーションされ、バルーンは海を連想させるウエディングブルー。
幸運になるといわれているブルーがメインカラーとなった素敵な結婚披露宴でした。
テーブルには中央に生花が置かれその周りに本物の貝殻とガラスでできた貝殻や星が置かれていました。

ゲストの席には名札と共に薄いブルーのメッセージカード。
新郎新婦の写真と椰子の木のイラスト。
そこに披露宴へのお礼が書かれていました。

高砂にもトロピカルなお花が飾られて新婦はマーメイドドレスだったので、まさにマーメイド!素晴らしいお式でした。
このように、他の方がしないようななるほど!と納得してしまう、新郎新婦ならではの披露宴を行うと、「やるなー」と思わずにっこりしてしまいます。
音楽が好きという二人なら会場のデコレーションにト音記号や音符、五線譜などをあしらって新婦がピアノを弾く、というのも素敵です。

ケーキにも音楽を感じさせるデザインが活かされていると楽しいですね。
祭りが大好き!というカップルの結婚式では余興で和太鼓が打ち鳴らされ、途中新郎が登場し見事なばちさばきを披露するなどとても盛り上がりました。
親類の方々も、ご高齢者も和太鼓の演出はとても喜んでいましたよ。

おめでたい席ですし、新郎のご両親にもいいサプライズイベントになったんじゃないでしょうか。
統一感を出すと、これまでになかった披露宴の演出でも、違和感がなくゲストも楽しめます。
海、音楽、スポーツ。

何でもいいんです。
新郎新婦らしい!と納得できるような演出を、統一感を持って行うと招待されている方もその世界に入り込むことができるので気持ちよく披露宴を楽しめます。
最近こうした個性ある演出を行うようになったのも、新郎新婦がゲストの皆さんへの気持ちを自分たちらしく行いたい。
こちらには個性的な結婚披露宴の演出が紹介されています。
演出に決まりはとくにないので、こちらにあるような個性的なものも良いでしょう。

披露宴を自分たちの最大のイベントとしてしっかり考えているからでしょうね。
http://www.grandrapidstango.com/06wedding.htmlに心に残る感動的な披露宴が紹介されていますので、ご覧ください。