どうする?披露宴での席順

披露宴で頭を悩ませてしまうのが席順です。
席順のマナーをしっかり理解しつつ席順を決めていくことが必要です。
ですが、わからないという場合、結婚式場のスタッフの方に招待するゲストの立場や関係などを良く説明し、どの位置に配置すればいいのかを確認しながら席順を決めていきましょう。

披露宴などでの席順はまず主賓をメインテーブル、つまり新郎新婦のテーブルに近くするということが第一のポイントです。
つまり上座ですね。
披露宴でのメインテーブルは高砂と呼ばれますが、このお席に主賓のお席を決めます。

もし主賓をおかない場合には主賓クラスの方をこのお席に決めましょう。
ご両親、親族は新郎新婦のメインテーブルから一番遠い席です。
つまり、下座です。

ご両親、親族はゲストから見るとお祝いをしてもらう立場なので、上座ではなく下座になります。
上座下座を作らない会場であっても、ご両親や親族は新郎新婦のお席から一番遠くに置くのが一般的です。
メインテーブルに一番近くが主賓、もしくは主賓クラス。

次が同僚や友人、メインテーブルの一番遠くになるのが、両親を含む親族、という配置になります。
お友達や同僚などの席順を決める時には、ゲストが楽しく歓談できる、ということがポイント。
あまり親しくない人が横にいる・・・・というのでは宜しくありません。

職場の同僚同士、友人同士、またご夫婦で招待している場合には、ご夫婦のお席を並べて。
お子さんがいる場合、保護者の方の横に配置します。
また、妊婦さんを招待している場合、トイレが近くなる、ご気分が悪くなるなどもあるかもしれません。

ですので、できるだけ出入り口に近くトイレなどにすっと行けるようなところに配置します。
もしあらかじめお仕事などの都合によって披露宴に遅れるとわかっているゲスト、途中退席しなくてはならないゲストがいる時は、できるだけ出入り口近くにお席を設けましょう。
乳幼児がいる場合にはスタッフの方にベビーベッドなどの用意ができるかどうかを聞いておくといいですね。