謝辞の書き方、マナー

結婚披露宴に来ていただいたゲストの皆さんに、これまでお世話になった感謝の気持ち。
またこれからもお付き合いを宜しくお願いするためにも、謝辞はとても大切なものです。
一般的に新郎が行うことが多くなっているようですが、新婦が行ってもまた両家のご両親が行ってもいいものです。

感謝の気持ちを代表して言葉にするのが謝辞です。
新郎が行うのが一般的なのですが、例えば新郎が口下手、両家のご両親とも謝辞なんて無理!!という場合。
新婦が変わりに行うということでもかまいませんし、新郎新婦の両方の父が謝辞を、ということでもかまわないのが謝辞です。

ただ、謝辞は披露宴の締めくくりのとても大切な言葉となりますので、披露宴の最後を濁さないように、しっかり行うことが必要です。
謝辞の内容はまず、披露宴にお越しいただいたゲストの方々への感謝の気持ち、お礼をします。
そこから披露宴を終えてこれからスタートする夫婦生活への豊富や、こういう夫婦になってほしいという願いや豊富などを盛り込み。

あまり長くなく最後の締めくくりまでしっかりお話してほしいものです。
謝辞についてもスピーチ同様、3分程度が望ましいといわれています。
謝辞もその他の披露宴スピーチと同じように、「別れる」「分かれる」「切れる」など忌み嫌われる言葉を利用してはいけません。

また、「去る」「帰る」「離れる」「出る」「飽きる」「戻る」といった言葉や「重ね重ね」「またまた」などの繰り返し言葉もよくありません。
出る、飽きる、戻るなどは別れを連想させます。
重ね重ね、たびたびなどの繰り返し言葉も「婚礼が繰り返される」という意味を表すとして利用しません。

披露宴の終わりに行う謝辞なので、「終わりに」などの言葉を使いたくなります。
ですが、「お開き」という言葉に言い換えるなど、謝辞は言葉に気を遣うことが必要となるので、気を使います。
新郎ならゲストへのお礼、これからの新生活への決意、今後変わることのないお付き合いへのお願い、という謝辞になります。

親御さんならお礼、親として結婚披露宴を迎えた気持ち、今後変わることのないお付き合いを願うという内容の謝辞がいいでしょう。