披露宴は誰を招待する?

結婚披露宴で一番の問題となるのが、ゲスト、招待客の数です。
誰「までを」招待するべきなのか?ということは、たぶんカップルにとってとても悩むことになると思います。
まずは会場の一般的な来場人数がどのくらいなのか?ということを確認し、それにあわせて新郎新婦の招待客がバランスよく招待されるように考えていくことが必要です。

まずお互いの両親、兄弟姉妹、その配偶者。
これは必須です。
親は挙式の際に新婦と入場したり、人前式であれば披露宴でも入場の際に新婦がお父様と一緒に入場、という事があります。

また兄弟姉妹がいれば何かと裏方作業を依頼することもできますし、身内で利用する費用等についても管理してもらうなどできます。
兄弟姉妹にお子さんがいる場合、一緒に招待するのが基本です。
祖父母も高齢で体に不調がある、入院中であるなど無理がないようならゲストとして招待します。

両親共働きなどの場合には、祖父母にお世話になったという方も多いと思いますので、ぜひ、感謝の気持ちを伝えたい相手ですね。
いとこや親類に関してはその家庭によってゲストとするかどうかが決まります。
遠い地域に暮らしているいとこを結婚式に呼ぶ、ということにためらいがあるという方もいますし、親族が一同に集まる機会だからと招待することもあります。

ただ付き合いの程度やその家ごとにどこまで招待しようという決まりごとなどもあると思いますので、ご両親に相談してみましょう。
主賓は両家で1名ずつ立てるのが基本です。
会社の上司、社長、学生時代お世話になった恩師などから選びスピーチをお願いします。

ただここ数年、主賓なしで披露宴を行うという場合も多くなっていますので、アットホームで小規模なお式の場合など、結婚式によって考慮すればいいと思います。
ただお世話になっている目上の方を招待するということなら、主賓扱いでの招待がいいと思います。
職場関係は上司、先輩、同僚からその職場の関係をよく考慮して選ぶ必要があります。

あまりにも数が多くなる、という場合には、本当に親しいお付き合いをしている方に限る・・・という選択肢もあります。
友人は受付や歌、スピーチなどを依頼することも考慮しながら招待客を選ぶ必要がありますね。
さて・・・両家の人数のバランスを考慮して選ぶ招待客ですが、忘れてはいけないのが以前自分が結婚式に招待されたという友人や同僚などのことを忘れないこと。

もし呼びたいけれど人数的に無理、という場合には、結婚式前に事情を連絡し二次会にはぜひ来てほしいと伝える配慮も必要です。
http://www.dallaswiens.com/kekko.htmlには、招待した人の席次表の作り方についてかいてありますので参考にしてください。